パリ アロカシオン(住宅補助)金額と申請方法 ~外国人でも受給可能・ワーホリは不可~

学生にとっての強い見方、アロカシオン。アロカシオンとはフランス政府が学生を援助するための、住宅補助・給付金です。管轄はCAFと呼ばれる機関になります(Caisse d’Allocation Familialesの略)。

この住宅補助金は国籍は関係なく、フランスで学生であれば受給資格があります。

ワーキングホリデー、短期留学は不可

ワーキングホリデービザの方は学校に通う場合でも受給資格がありませんので、ご注意ください。また、3ヶ月以内で短期で留学する方も同様に、学生ビザをとっていないので、受給資格はありません。

給付金額は100-200ユーロ前後

給付金額は個人の状況によります。相場は100-200ユーロ前後ぐらいの様ですが、

給付金額はCAFのサイトより算出可能なので、試してみましょう。

アロカシオン申請方法

アロカシオンの申請方法

① CAFの事務所で申請用紙をもらってきます。
申請用紙はダウンロードも可能です。(最新版ではない可能性があります)

② 申請用紙を記入します。一部大家さんに記入・サインをしてもらうところがあります。

③ CAFの事務所で書類を一式提出。
フランスでは書類が3回に1回の割合でなくなりますので、コピーを取ってから提出をしましょう。
必要書類は、個人によって異なりますが、主に申請用紙、銀行のRIB(口座情報)、滞在許可証の原本・コピー、パスポートの原本・コピー、賃貸契約書のコピー、フランス語訳された出生証明(大使館にて作成可能)です。

下記がCAFのオフィスの住所と営業時間です。
50 rue du Dr Finlay 75015 Paris
8:30~16:30(平日のみ)

申請後・退去後は?

申請後は銀行口座に突然振り込みがありますが、最初の振込みまで時間がかかります。フランスですから、数ヶ月は待つと思っていたほうが良いでしょう。もし振込みがない場合、再度事務所に行き、申請状況の確認をしましょう。

アパート退去後は受給資格がなくなります。引っ越したことを事務所に行き通知し,
新しい住所でもアロカシオンを受給する場合は変更の手続きをします。

アパート退去を通知しなかった場合、余分に受給した分についてCAFより後日、払い戻しの請求があります。大家さんが新しい入居者を見つけると、届出をし、それで発覚しますので、ご注意ください。

     

あわせて読みたい記事はこちら!



<<前の記事はこちら
次の記事はこちら>>
メトロピアについて

忙しい方に一目で分かる、
パリ全20地区の治安 無料ガイド
パリ治安ガイド
お問い合わせ

パリのアパートはこちら

ユーロエステート

ユーロエステートではパリの長期・短期アパート700件以上をご紹介しています。