パリ 銀行口座開設・住宅保険加入は同時に! ~LCLかケスデパーニュが◎~

フランスは小切手・カード社会であるため、フランスに口座がないと色々と支払いがすぐにできなかったり、不便なことが多いです。

カード払いはとても普及していて、現金はほとんど使わなくても過ごすことができますし、大きいを支払うときは、小切手を使います。当然ですが、現金を持ち歩くと危ないためです。
また、銀行のインターネットバンキングは遅く、処理に23日かかることが通常です。
そのため、すぐに相手に大きな金額の支払いをしたいときは、小切手の方が良い場合もあります。

日本人スタッフのいる銀行がある

パリでは現在2店舗日本人スタッフのいる銀行があります。

① LCL銀行 ピラミッド支店
住所: 20 avenue de l'Opera 75001 Paris
TEL: +(33) 0 1 44 58 94 21(日本語)

② Caisse d’Epargne Ile-de-France Agence Japonaise ケス・デパーニュ銀行 日本支店
住所: 21 Rue du Louvre, 75001 Paris
TEL: 01 40 41 44 32(日本人スタッフ直通)

銀行で住宅保険の加入もすると便利!

パリの住居が決まり次第必要になる、住宅保険。 フランスでは保険も銀行で加入できますので、銀行口座を開設するときに一緒に加入すると便利なのです。特に上記の2行であれば日本語でサポートしてもらうことができ、一度に用事が済みます。

保険会社で加入する場合は安くなる

MAAFなど、保険会社でももちろん加入はできます。銀行よりも少し安くなることが多いですが、フランス語(英語が可能なところもあります)でやりとりをする必要があります。

こちらではMAAFを例にお話します。電話番号0033 969328328 、もしくはフランスからであれば 3015 でつながります。英語でも可能です。
見積もりや大家さんが記入するフォームがメールにて送られてきます。
まだ渡仏していない外国人でも、居住用のアパート(セカンドハウスではない)であれば加入することができます。

フランスに到着後、最寄の営業所に行き、パスポートと大家さんが記入したフォームを持参します。
また、フランスもしくはユーロ圏の銀行口座の情報が必要になります。銀行口座は到着後すぐに開設しましょう。

     

あわせて読みたい記事はこちら!



<<前の記事はこちら
次の記事はこちら>>
メトロピアについて

忙しい方に一目で分かる、
パリ全20地区の治安 無料ガイド
パリ治安ガイド
お問い合わせ

パリのアパートはこちら

ユーロエステート

ユーロエステートではパリの長期・短期アパート700件以上をご紹介しています。