パリ7区の地区・治安・生活情報 ~パリの政治を司る~

UNESCO本部 

パリ7区は国民議会(Assemblee nationale)、外務省、国防省、UNESCOなど、フランスの政治・行政の中心となる機関が一同集まっている地区です。 散歩をしていると、黒塗りの車からVIPな人が降りてきて、エスコートされて建物に入っていくのを見かけたりもします。 大きい車が通るためか、車道が広く、重厚な建物が多いです。中央にはアンヴァリッドがあり、ナポレオンが眠っています。エッフェル塔とオルセー美術館は観光客が多くいますが、他の地域では静かで裕福なフランス人が住んでいます。


<他の地区はこちら>

1区 2区 3区 4区 5区 6区 7区 8区 9区 10区 11区
12区 13区 14区 15区 16区 17区 18区 19区 20区

治安

治安の星:5

官公庁の多いエリアであるため高級な雰囲気があり、物乞いをする人も少なく、治安はとても良いです。西側のRue de Bacや南側のServes Babylone駅はボンマルシェなどもありショッピングをする人が夜でも多くいます。北側のセーヌ川沿いのAssemblee NationaleMusee d'Orsay駅周辺は車の通りはありますが、歩いている人はあまり多くないです。7区の北側にはいろいろな公共施設があるため、住宅の出てくる地域は南側の半分です。

Rue du Bac駅周辺       La Tour Maubourg周辺    Ecole Militaire駅周辺

    

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------

"一目で分かる!パリ全20地区の治安 無料ガイド"
パリ治安ガイド

忙しく時間のない方におすすめです。

 ◇ ガイドは2ページでコンパクト。印刷でき便利です。
 ◇ 各地区の治安が一目で分かります。パリ20地区を5段階で評価。
 ◇ 生活環境についてもまとめました。



-------------------------------------------------------------------------------------------------------------

家賃

家賃の星:5

家賃は56区と同様にとても高いです。住居の比較的多いのは7区の西側ですが、この辺りはサンジェルマンデプレと実質同じ賃貸価格になっています。北側は官公庁、南側もUNSECOやエコールミリテール(陸軍士官学校)があるため住居がほとんどありません。La tour Maubourg駅の周りに少し住宅街があります。

おすすめスポット!

エッフェル塔前のシャンドゥマルス公園はウェディングフォトを撮るカップルに時々遭遇します。エッフェル塔を背景に写真を撮りたい方はこの公園で。

周辺地図と取扱物件

パリのアパートはこちら。物件写真をクリックすると詳細ページへ移動できます。

*地区が正しくない場合は希望家賃を選らんでください。

希望家賃:月額  
 
【パリの物件紹介 ユーロエステート】
ユーロエステート

 ・ パリの長期・短期アパート700件以上をご紹介しています。

主要な駅の治安・生活情報

     

あわせて読みたい記事はこちら!



<<前の記事はこちら
次の記事はこちら>>
メトロピアについて




無料メルマガ
アパートを見つける8つの方法

アパートを見つける8つの方法




忙しい方に一目で分かる、
パリ全20地区の治安 無料ガイド
パリ治安ガイド
お問い合わせ

パリのアパートはこちら

ユーロエステート

ユーロエステートではパリの長期・短期アパート700件以上をご紹介しています。